NEWS

2018/06/29

戸籍改名ができる場合とは?

こんにちは。みらいです。
戸籍改名手続について、改名できる場合や手続方法等を紹介していきます。

 

●戸籍改名ができる場合とは

 

改名が認められるためには「正当な理由」が必要です。
根拠は、戸籍法第107条の2に規定されています。

「正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない」
「正当な事由」があるかどうかは、家庭裁判所の家事審判官(裁判官)が判定することになっています。

 

●改名できる「正当な理由」とは

 

「正当な理由」は「名の変更許可申立書」に「申立の理由」として記載されています。

1.奇名・珍名である
2.難解で読みにくい
3. 同姓同名の者があって社会生活上甚だしく支障がある
4.異性と紛らわしい
5. 外国人と紛らわしい
6. 神官・僧侶になった(もしくは、やめた)
7.長年通称名として使用している
8. その他

 

●「その他」の理由とは?

改名が認められる理由として列挙されているもののうち、最後に「その他」があります。
例えば、次のような理由が改名理由として認められています。

○伝統芸能・商売を継いだ
○帰化したので日本風の名前にする必要がある
○精神的苦痛を伴う場合 など

 

●「精神的苦痛を伴う場合」とは

例えば「性同一障害」の方等の場合、改名が認められているケースがあるようです。

 

また、例えば「画数が悪い」や「占い等で『運の悪い名前と言われた』から」等の理由では改名は認められていません。
とはいえ「名前は一生付き合っていくもの」です。

裁判所に認められるかどうかは別にしても、その名を持っている本人が「今の名前を使うことに違和感」があるような場合、それはご本人様にとって大変つらい状況だと思います。

 

改名の申請は、よく「ケースバイケース」で「裁判所の審議官の裁量による」等と言われています。
一見、裁判所が決めた「正当な理由」等にあたらないように見えても、改名の可能性が全くないということではないでしょう。

ご自身の名前や改名についてお困りの方は、ご相談ください。

※当事務所では、改名に伴う戸籍変更等の手続を行っています。裁判所への手続等については、協力関係にある弁護士、司法書士が相談・手続を行います。

フリマアプリのトラブルが増えている

こんにちは。エクステージ総合法務事務所 みらいです。今回は、増えている「フリマアプリ」のトラブルについて紹介します。 ●フリマアプリとはフリマアプリと...

READ MORE

戸籍改名ができる場合とは?

こんにちは。エクステージ総合法務事務所 法律秘書・みらいです。 様々な理由で「名前を変えたい」と思われている方もかなりいらっしゃるようです。戸籍改名手...

READ MORE

TOP

無料相談・お問い合わせ

お電話によるご相談は下記の相談予約電話におかけください。 来所による面談は完全ご予約制となっておりますので、来所面談をご希望の場合は、来所日時をご予約ください。
電話受付時間:平日 9:00~18:00

Tel 03-5308-3211

LINE

LINEでのご連絡は24時間いつでもOKです。 営業時間の問合せ、相談の詳細確認、何でも結構です。
お電話で聞きづらいことも、誰にも見られないトークで気軽にお送りください。

友だち追加

メール相談