株式会社の本店移転・役員変更・目的変更・商号変更

顧客第一主義のプロ集団


トップページ >> 株式会社の本店移転・役員変更・目的変更・商号変更

変更手続

会社は設立後もさまざまな場面で変更手続きが必要になります。この手続きをうっかり忘れると過料(100万円以下)が科される場合もあります。多忙な経営者に代わり、専門家が会社法務を迅速処理いたします。

会社の定款その他に変更が生じた場合に遅滞なく(2週間以内)、変更しなくてはなりません。主に以下のような場合に、変更が必要になります。

あなたの会社運営をしっかりサポートいたします

代表取締役の住所が変わったとき

代表取締役の住所・氏名は会社法で登記事項とされており、引越しなどによって住所が変更になった場合。

役員に変更があったとき

取締役や監査役に任期満了に伴う重任や退任などがあった場合、または就任・辞任・死亡などがあった場合。

増資をするとき

募集株式(新株)を発行して資金を調達し、資本金額を増加させる場合。

商号を変更するとき

会社名を変更したい場合。

目的を変更するとき

定款に記載された目的とは異なる新規事業などに参入した場合。

本社を移転するとき

引越しや事務所移転などにより、本店住所に変更が生じた場合。

会社を解散するとき

会社を解散しなくてはならなくなったとき、株式会社解散及び清算人選任をする必要があります。

↑ページトップへ





Copyright Since 2002, EXTAGE All Rights Reserved.